お知らせ

工務店様へ
LINEでのご注文を承ります。友だち追加をお願いします
友だち追加はこちらから


ブログ更新情報 
新商品!フィンガージョイント(継ぎ目)のないから集成材なのにまるで一枚板♪
『継ぎ目のないヒノキ、スギの集成材でオシャレに』


ウッドデッキ~南部くり編~

暑い夏の真っ只中ですが、みなさま熱中症など大丈夫でしょうか?!
気温も落ち着いた過ごしやすい秋までは、まだまだ先ですが
外で快適に過ごせる時期の到来に備えて、ウッドデッキ材のご紹介致します!

今回は国内材種に着目し、今一番おすすめの南部くりと南部から松についてのご紹介です☆

 

南部くり

日本国産でトップの耐久性がある南部くり!

ウッドデッキとして、よく使用されるウリンやイペと比較しても引けを取らず、

古来より土台や橋梁など建築用材として利用されています。

また、水質にも強く線路の枕木などにも使用されている高い耐久性を持ち合わせています。

おすすめ ポイント1 実は意外と高くない!?

栗材の良さは分かっていても、価格が高いから…という理由で諦めていませんか?!

実は、デッキ材としてよく使用されるウリンと実際に比較してみると、

価格にそこまで大きな差がないのです!

近日中にオンラインショップに商品を掲載予定ですので、こちらで価格をご確認ください!

もしお急ぎの方がいらっしゃいましたら、お電話でもご対応しております!

 

おすすめ ポイント2 縄文時代から現存する強靭な耐久性!

青森県にある三内丸山遺跡は、縄文時代に造られた掘立柱建物で、

野ざらしの状態で今なお腐らず現存しており、

今から4000~5500年も前から耐えうる強靭な耐久性が栗材には備わっています!

また、豪雪地域の合掌造りの柱など主要材としても栗材は使用されており、この実績からしても強い耐久性が分かります。

 

おすすめ ポイント3 タンニン成分でシロアリ防虫!

栗材には、タンニンという樹液成分が含まれている為、

シロアリなどの害虫を寄せ付けず特異な性質があります!

自ら防虫してくれる材質は、ウッドデッキ材を選ぶ上で重要なポイントですよね!

 

つづきまして、次の記事では南部から松についてご紹介致します!

 

 

 

 

 


PAGE TOP