お知らせ

工務店様へ
LINEでのご注文を承ります。友だち追加をお願いします
友だち追加はこちらから


ブログ更新情報 
新商品!フィンガージョイント(継ぎ目)のないから集成材なのにまるで一枚板♪
『継ぎ目のないヒノキ、スギの集成材でオシャレに』


ウッドデッキはどう選ぶ?

三祐木材の三浦です。

 

ウッドデッキは、近年人気の商材でお問い合わせが増えています。

ただ、見た目では見分けるのが難しく、特徴もイマイチ分かりにくいというお声を頂いておりますので、以下のとおりまとめてみました。(値段の高い順です!)

 

◎イペ

抜群の耐久性を誇り、その耐久性は約30年程度といわれます。

木の反り・狂いが少なく、木目が美しいため、高級感があります。

加工時のおがくずでアレルギー反応を起こすことがあるので加工の際は注意が必要です。

東南アジア原産、赤褐色

imagesdxim7xyw

 

◎ウリン(ビリアン)

抜群の耐久性を誇り、その耐久性は約30年程度といわれます。

木の反り・狂いが少なく、海中での使用は他の樹種の追随を許しません。

数か月間、赤茶色の樹液が染み出るので注意が必要です。

東南アジア原産、赤褐色

e208bdb96ad8c200f08613ea64974cf3

 

◎イタウバ

油分が多く、表面が艶やかで、割れが出にくい。

樹液の染み出しが少ない点も特徴のひとつ。耐久性は25年程度です。

ピンホールが入るのでその点ご認識を。

ブラジル原産、褐色

imagesf65sgcpp

 

◎マニルカラ(アマゾンジャラ)

耐久性に優れ、約25年程度。表面が滑らかで色ムラが少ない。

数回の雨まで樹液が染み出るので注意が必要です。

ブラジル原産、赤褐色

68fbe71f

どの木も非常に硬いので一般の方が加工するのは難易度が高いと思います。

値段の高い樹種は耐久性が高く、安くなるほど耐久性が下がるという認識です。

個人的には値段と質のバランスのとれたイタウバがオススメかなと思います。

まだまだ樹種はあるので今回はこの辺で。次回は比較的安価な樹種のご紹介です。


PAGE TOP